AirScout

​WiFiアナライザ

無線LANの 工事前調査や不調改善のための調査にいままでに無かったアプローチの測定ツールが登場!!

AirScoutアプリケーションon Androidタブレット
AirScoutマスター(ASM300)

max30台

AirScoutクライアント(ASC300)

『良いWiFi環境の構築の第一歩は アクセスポイントの良い配置から☆』

・フロア全体に測定器であるAirScoutクライアントを多数設置し、
 アクセスポイント(AP)の代わりのAirScoutマスターの配置を変えながらリアルタイムに電波強度分布を測定

・上の電波強度測定と同時に、各AirScoutクライアントでのスループット/使用率/被干渉レベルを一気に測定

・APの最良な配置が決まったら、 AirScoutアプリケーションが最適な周波数帯・チャンネルの推奨設定を提示してくれます。

・最適なWifi施工のための調査完了後、測定結果を保存したなら、
 自動でグラフィカルな調査レポート「AirScoutレポート」を出力(ページ下)

・顧客に安心をあたえる、「高品質WiFi工事の施工計画」と「精緻な見積もり」を作成するための手助けになります。

・電源が通っていない新築物件の調査にも対応、すべてのユニットはバッテリーで動きます!!

・既設の調子の悪いWiFi環境の改善についても、同様の手順で行えます。
 1.APの最適な設置場所の決定 2.干渉・使用率・スループット測定 3.設定見直し

・一台のAirScoutマスターには最多30台のAirScoutクライアントと組み合わせたテストができます。

・AirScoutマスター・AirScoutクライアントのバッテリー駆動時間は8~10時間、0-100%充電に4~5時間

AndroidタブレットとAirScoutマスターとAirScoutクライアント

シンプルでわかりやすいAirScoutアプリで タップ・ドラッグ・スワイプ等の直感的な操作

好ましい電波強度分布が得られるまでAirScoutマスターの位置を変えて測定
1:設置フロアの図面作成
     タブレットで直感的なフロア図作成
2:AirScoutマスターとAirScoutクライント
      の設置位置を仮決定
3:リアルタイムでAirScoutクライアントが測定する
  電波強度(2.4GHz,5GHz)をマッピング表示&スループットテスト

各APごとのWiFiカバーエリアを設計するために、
1のフロアマップの作成を行ったあとは、AirScoutマスターの
位置を変えては測定と2・3を繰り返します。

理想的な電波強度分布と、スループット結果になったならば、
AP設置場所が決定!!

データ保存を行って、下のAirScoutレポートを出力しましょう。

複数のAPやエクステンダーで広いフロアをカバーする場合にも、
AirScoutクライアントをフロア全体に設置しての測定が可能です。

AirScoutクライアントは30台までAirScoutマスターに接続できます。

個々のAirScoutクライアントでの信号強度レベル・混雑レベル・干渉レベルやスループットを表示

AirScout レポート

AirScoutでの測定結果は下のように、グラフィカルでわかりやすいレポートとして出力されます。
顧客にもわかりやすく設置時の性能説明ができるので、安心感をもって工事発注をすることができるでしょう。

総評:
2.4GHz帯と5GHz帯のWiFi健康度を5段階で評価
設置時の電波強度分布マップ
(2.4GHz帯・5GHz帯)
アプリケーションごとに必要とされる
スループットテストのリスト
2.4GHz帯・5GHz帯のテスト時の各チャンネルの使用率や干渉波
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

東京:03-5809-8340
大阪:06-7896-0021

Wix.comを使って作成されました